旧・くらふと淳平について

うつわなど 季節のくらふとに囲まれて

さろん淳平の前身である『くらふと淳平』は、平成12年(2000年)6月・京都北白川にオープン致しました。昭和39年に建てられた民家で、現在の『さろん淳平』と同じくお座敷のカフェとして平成21年(2009年)11月までの9年間営業致しておりました。

店の前の疏水辺りは桜並木が見事で、四季折々の移ろいがお客さまの目を楽しませてくれました。

店内中央の掘りごたつ式テーブルを囲んで様々なお客さまとのお出会いがありましたが、このテーブルはそのまま下鴨にお引っ越しをし、『さろん淳平』のメインテーブルとして又あらたなお出会いを生んでおります。